読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One step at a time

早稲田大学在学中。自分の興味あることを発信していきます。

フィリピンで観光ビザを更新!延長方法まとめ!

セブにもう少し滞在したくなったので、さっそくイミグレーションにいって延長手続きをしてきました。今までは学校に代理でやってもらっていたので初の自分自身での手続き!どんなものかと思っていたけどインドビザを経験していたので表紙ぬけでした!簡単にいきかた、やり方をシェアしたいと思います。

f:id:panme421:20150812000002j:plain

フィリピンのビザ延長の基礎知識

フィリピンのビザもほかの国と同様にコロコロと仕様が変わります。

常に最新情報をチェックしてください。

ここがイミグレーションのホームページです。

英語が苦手な人はグーグル翻訳にかけて必要なところだけ読みましょう。

http://www.immigration.gov.ph/

 

フィリピンに入国する人全員がビザを取得する必要はありません。30日間以上フィリピンに滞在する場合には取得する必要があります。

フィリピンに入国する場合、日本の在外フィリピン大使館または領事館からビザを取得する必要があります。ただし、入国管理法の規定により日本人は入国許可なしに入国でき、空港で30日間の滞在許可が貰えます。よって、30日未満の観光目的で入国される場合は事前にビザを取得する必要がありません。
※特定のビザをお持ちでない場合、必ず往復チケットまたはフィリピン国外に出るチケットをお持ちでないと、入国できません。   

引用:セブ島総合情報サイト セブポット フィリピンのビザの種類

 

また語学学校で勉強するにはSSPが必要になります。ただこれは、語学学校が代理で申請してくれるので心配する必要はありません。

SSP(Special Study Permit)は、観光を目的として入国した外国人がフィリピン国内で合法的に勉強をするために必要なビザの一種で、滞在を特別に許可するもの。 SSPの発行に要する費用は学校により異なりますが、6ヶ月有効で13,000~16,000円程度。

引用:学校検索|フィリピン留学|セブ留学ならフィリピン留学ドットコム

 

これに加えて、60日間以上滞在する人はACR I-Cardも必要となります。こちらは学校で代理で行うことも自分で取得することもできます。

ACR I-Card とは、いわゆる外国人登録証で、2010年2月よりフィリピン政府が実施し始めた新しい制度による 外国人の証明登録カードで、フィリピンに60 日間以上滞在する外国人、もしくはSSP取得者に対し、『外国人登録証』(ACR I-Card)の 発給を義務付けたもの。

発給に関わる費用は$50 または現地換金レート適用のペソ (issuance fee) + php500(express lane fee) + 諸経費 が請求される。

引用:学校検索|フィリピン留学|セブ留学ならフィリピン留学ドットコム

 フィリピンのビザ延長に必要なもの

http://www.flickr.com/photos/78568187@N06/12461958263

基本的に必要なものは

 

・パスポート

・写真(2インチ×2インチ) 2枚(1枚の場合もあるらしい)

・ビザ延長費用

・ビザ申請用紙(現地でもらえる)

・ACR I-CARD(60日以上滞在していて持っている人は)

 

だけです。写真は日本からもっていったものでも、現地で撮ったものでも大丈夫です。自分はタイで撮ったペラペラの写真で平気でした。

 

セブのイミグレーションの場所は?

J center mallの2階にあります。

f:id:panme421:20150811163458j:plain

アヤラモールからだいたいタクシーで15分から20分くらい。J センターの前の一本道が渋滞することが多いので時間には余裕をもっていきましょう。80ペソから120ペソ見ておけば大丈夫だとおもいます。ドライバーにJセンターといえば確実に通じます。

f:id:panme421:20150811164338p:plain

 

開館時間は月曜日~金曜日の朝8時~夕方6時半。土日、祝日は開いていないので注意してください!!!!

実際にいってみて

三ヶ月のフィリピン留学を終え、もう少しセブ滞在を伸ばしたくなったので自力でビザを延長してきました。とりあえずパスポートとお金をもってJセンターへ。正面のエレベーターを上がり、サムソンを右に曲がるとすぐに青で目立つイミグレーションがでてきます。

 f:id:panme421:20150811233744j:image

受付のおっさん二人はわりと怖い見た目。パスポートをみせて、名前を書いて、申請用紙をもらいます。この申請用紙はかなり適当で大丈夫。個人情報だけはしっかりと書いて、わからないところはおじさんたちに見せれば教えてくれます。フィリピンの電話番号がなかったら空白でも大丈夫だし、住んでいるところもホテルの名前をかいておけばオッケーです。受付のおじさんたちにチェックしてもらい、ハンコを押してもらったらカウンターに提出します。名前が数分から15分くらいで呼ばれるのでキャッシャーでお金を払います。4ヶ月目の1ヶ月延長は2430ペソでした。意外と安い。最初と2回目はSSPとI-CARD代で8000ペソずつくらいとられたので安く感じます。ここからだいたい1時間くらいかかるらしいので1回のカフェで2時間ほど時間つぶし。戻ったら、前回とっていなかった、指紋を採取される。そのあと数分まって無事にビザを受け取ることができました。結構混んでいたのですが大体3時間くらいでおわりました。

 

こちらの記事がもっと詳しくまとめているので、申請用紙の書き方とかわからなかったら参考にしてみてください。ぼくも大変お世話になりましたありがとうございます!

セブ島でビザ延長 | セブローカル

フィリピン(セブ島)でビザ延長する方法を徹底的にまとめました。 | Phil Portal [フィルポータル]

 

 

みなさんが快適にビザ延長できることを願って!なにかビザについて最新情報があればぜひコメントでお知らせください。

 

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。