読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One step at a time

早稲田大学在学中。自分の興味あることを発信していきます。

【フィリピン留学者必見!】持っていけばよかったと後悔した持ち物まとめ

いま、ものすごい勢いフィリピン留学がブームになっていますよね。金額の安さ、東南アジアという日本からの行きやすさ、マンツーマン授業など魅力がいっぱいです。ぼく自身もフィリピン留学で海外で生活することで英語だけでなくいろいろなことを学べたなあと思います。

 

http://www.flickr.com/photos/49477837@N00/3240169886

photo by joey.parsons

 

 

今回は、留学生活、フィリピンライフをより楽しむために持っていくべき持ち物をぼくの主観で選んだので参考にしてみてください!!!生活用品とか、どんな旅行にも持っていくようなものは省いてあります。

 

日本で愛用している参考書、テキスト

フィリピン留学では学校によって使うテキストが変わってきます。もちろんそのテキストを使い込んだり、ひたすら先生の会話でアウトプットするのも大事なのですが、やはり留学で大事なのは「自習時間」です。

空いた時間をどう有効に使うかで留学の満足度も変わってくるでしょう。フィリピンで日本の参考書を購入するのは困難です。自分にあった参考書、テキストをあらかじめもっていきましょう。

DUO 3.0

DUO 3.0

 

 ▲英単語、熟語、リスニングを体系的に学習できるDUOはやっぱりおすすめです。

 

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

 ▲少し重いですが、こちらの文法書もオススメ。留学していると意外と細かい文法が気になってきます。楽にチェックできるから一冊あると楽。

 

 

電子辞書

ぼくは電子辞書を持っていなかったので、持っていかなかったのですが、使っている人を見てやっぱり便利だなあと感じました。

iphoneのアプリでも辞書はありますが、例えば、iphoneでリスニング教材を聞いているときは使えません。とことん効率化をはかるならやはり電子辞書は持って行って損はないと思います。

シャープ 音声コンテンツ搭載・タイプライターキー配列電子辞書 カシスレッド PW-AM700-R

シャープ 音声コンテンツ搭載・タイプライターキー配列電子辞書 カシスレッド PW-AM700-R

 

  ▲いまは1万円以下の電子辞書もでています。友人もこれ使ってました。Amazon不動の1位モデル。

 

 

日本のおかし、味噌汁、インスタントフード

たかが留学くらいで日本なんて恋しくならねえよと思っているあなた。ぼくも最初はそうでした。笑 

行き詰まったとき、やる気がでないとき、日本の味噌汁を飲むと復活します(体験談)。

また、フィリピン人の先生は日本のおかし(特にチョコレート)が大好きです。先生におかしをプレゼントすれば一躍人気者になれるかも?笑

 

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個

 

 ▲海外でも人気のブラックサンダー。キットカットとかは向こうでも売っているのでブラックサンダーのほうがいいかも。

 

アマノフーズ いつものおみそ汁 5種セット 10食

アマノフーズ いつものおみそ汁 5種セット 10食

 

 ▲安定しておいしいアマノフーズのお味噌汁。

 

 

日本の文房具、ノート

日本の文房具はクオリティが高いんです!!普段はまったく気づかないとしても!笑

特にシャーペンとかノートは現地調達せず、こっちで準備していくいいと思います。安いのを大量に買っていってお土産で渡すのも。喜ばれますよ。

ゼブラ 4色ボールペン サラサ4 0.5 J4J1-C 透明

ゼブラ 4色ボールペン サラサ4 0.5 J4J1-C 透明

 

 ▲四色ボールペンはレアです。ハイテクです。

 

 

携帯ストラップ、財布を結びつけるヒモ

留学先は必ずしも安心とはいえません。そこは日本と違って、盗難、スリなどの犯罪は日常的に起きています。

ここで持って行って本当によかったのがこちらの携帯ストラップです。これで大事なiphoneや財布と自分が背負っているカバンをくくりつけておきましょう。横から強奪されることもないし、タクシーなどに置き忘れる確率もグッと減ります。

留学に限らず、海外旅行に行かれる方にオススメしたいです。

 ▲これは便利。日本でも使えます。精神的な安心感が違います。

 

 

水中カメラ、防水ポーチ

フィリピン留学にいくと多くの人が海に遊びにいくでしょう。おれは勉強しかしないぞ!という人も留学後にご褒美としていってみたらいかがでしょうか?

少し足を伸ばせば、日本ではめったに見ることができないキレイなビーチがたくさんあるフィリピン。

いざ、海だ!!!というときに楽しみ尽くすために水中カメラを持っていくと思い出がさらに増えること間違いなしです。また、スマートフォンで写真を撮りたいという人は防水ポーチもおすすめです。

 ▲GoProまでは手がでないという人はこちら!1万円切りますね。

 ▲iphoneも入るケース。カメラも起動できますよ!

 

 

コンドーム

最後にコンドームの紹介です。笑

フィリピンのコンドームなんか信用ならねえ!という人はぜひ。フィリピンで日本のコンドームは3個で200ペソ(約600円)もします。

お土産としても喜ばれますよ。笑

 

サガミオリジナル002 12個入り

サガミオリジナル002 12個入り

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。留学に行く前にもう一度持ち物を確認してみましょう。フィリピンで大抵のものは買えますが、安くて質のいいものとなるとやはり日本で買っていくのが安心ですね。みなさんの留学ライフがいいものになることを願っております!

 

panmeeee.hatenablog.com