One step at a time

早稲田大学在学中。自分の興味あることを発信していきます。

【ライフログ】日記を始めて365日が経ったので、実感した効果と、続けるコツをまとめてみた

f:id:panme421:20150927102911p:plain

2014年10月2日に日記を書き始めてもうすぐ1年が経ちます。

1年間日記を続けてそれなりによくなったな~と実感することがあったのでシェアしたいと思います。また、日記がなかなか続かないという人向けにも続けるコツを紹介します。まだ所詮1年のアマチュアなんですけどね笑

 

まずは日記を書いて得られる効果から!!!

 

自分の気持ちを整理する時間がとれる

1日の終わりにその日あったことを振り返る時間。意識しないとなかなかとることのない時間です。

自分の感情をだれにもみせないプライベートな日記に書き出すと、悩み事がふっと腑に落ちて消えることがあります。1日の過ごし方に自分で点数をつけるのもいいかも。明日をもっといい日にしようと思うようになります。

文章を書く事が習慣化する

f:id:panme421:20150926181906j:plain

普段の生活で文章を書くことってありますか?ぼくは日記を書く前は100文字以上の文章を書くなんて大学のレポートくらいでした。毎日日記を書くと、文章を書くのめっちゃはやくなります。笑 

書くことを習慣化すると自分が普段思っていることをスムーズに言えるようになるし、いいことづくめですよ。

続けるという達成感を目でみて味わうことができる

好きなスポーツとか趣味とか勉強とかずっと続けていることってあると思います。1つのことを長く続けると自分に自信つきますよね。日記は自分の成果、記録がどんどん積み重なっていきます。目で見て、自分がどれだけやってきたかというのが分かるのはいいものです。

1つのことを長く続けられる技術

1つのことを長く続けられる技術

 

 ▲ビジョンミッション成長ブログという有名なブログの作者さんです。面白いのでぜひ。

脳が活性化する

これは実証できてませんが。笑

毎日1日を思い起こすのは少なからず頭使いますよね。なにもない日でもふとしたことを思い起こしたり、アイデアを書き留めておくだけで、クリエイティビティあがります。笑

あの時なにしてたっけ~にすぐ対応できる

f:id:panme421:20150927103348j:plain

友達とか家族と話していると、昔を懐かしむことってよくあります。

え、去年の花火大会誰といったっけ???

あの本いつごろ読んだんだっけ??

日記で振りかえると新たな発見を得ることもできます。備忘録としても日記がもたらす効果ははかりしれません。

 

【ついでに】日記を続けるコツ!! 

f:id:panme421:20150926181932j:plain

日記は書きたいんだけど、続かないんだよなあという人いますよね。ぼくも何回も三日坊主で辞めたことあります。そんなぼくでも日記を1年間続けられたんです!主観でコツを紹介します。

 

1.お気に入りの日記、ツールを見つける

まずはどんな媒体で日記を書くか決めましょう。いまは本当に多くの日記帳が出ているので選ぶだけでテンションがあがります。

日記帳に限らなくても、ノートアプリメモ帳手帳、なんでもいいから自分が手に取りやすく使っていて心地よいものを選びましょう。自分の選んだ日記帳なら最初のスタートダッシュは決まるはず!!!毎日使うので出し惜しみせず気に入ったものをパートナーだと思って選んじゃいましょ。

ミドリ 日記 3年連用 ウェイオブライフ

ミドリ 日記 3年連用 ウェイオブライフ

 

 ▲3年、もしくは5年日記というのもあります。去年の同じ日になにをしていたのか分かるので書いていてテンション上がりそう!

ほぼ日 手帳 2016 WEEKS ホワイトライン・ブラック(1月始まり) ウィークリー

ほぼ日 手帳 2016 WEEKS ホワイトライン・ブラック(1月始まり) ウィークリー

 

 ▲言わずと知れたほぼ日手帳。欲張りなひとはこちらも!使っている人がたくさんいるのでめっちゃブログとかインスタグラム見るのも楽しいです。

Day One (日誌 / 日記)

Day One (日誌 / 日記)

  • Bloom Built, LLC
  • ライフスタイル
  • ¥600

 ▲ちなみにぼくが使っているのはこのDay Oneというアプリ。有料というだけあって、めっちゃ使いやすいです。紙にこだわらない人ならとりあえずおすすめ!!!

2.書く時間を決める

f:id:panme421:20150927103549j:plain

自分の生活スタイルにあわせて書く時間を決めましょう。朝方なら朝起きてすぐ、夜型なら寝る前など、自分の中でルーティーンにしてしまいます。慣れないうちはきつくても一週間耐えれば、書かないと逆に気持ち悪くなります。こうなったらこっちの勝ちですね。

3.完璧主義はやめる

どうしても夜まで仕事していたり、旅行にいったりで書けない日がでてくると思います。そんなときは割り切って次の日に書けばいいんです。

あと辞める理由として多いと思うのが、長期の旅行や、合宿、連勤などで日記を書く時間がとれないとき。ぼくも部活の合宿の後とか旅行のあととかは日々のことを思い起こせずに「か、かけない」という状態になります。そんなときはまとめて書いちゃいましょ!!「〇〇日から〇〇日 旅行」みたいに。ずるずる書けない日が続くと自己嫌悪でさらに書けなくなります。

4.友達に日記を書いていると公言する

これはかなり有効かも。友達と遊ぶときとかに日記書いてるんだよね~。と一言言うだけでかなり話題になります。笑

実際に見せずともどんなこと書いてるとか、今日のことも書くよ~と話題にすると、書こうという気持ちに。友達も日記仲間に巻き込んじゃいましょ。

 

まとめ

日記を書いて得られるメリットと続けるコツをまとめてみました。日記は老若男女だれでも楽しめるいわば趣味です。数年後自分の日記を読み返すところを想像したらワクワクしませんか??(ちょっと怖い気もする笑)

日記ライフ楽しみましょーーーーー!!!!!!!!!!!